社会の人々の健康に貢献するとともに、スタッフそれぞれの幸福を追求します。 APCO ADVANCED PHARMACY CORPORATION 「未来を見据える会社を目指して」

ホーム > お知らせ

お知らせ一覧

すべて表示
  • お知らせ
  • イベント・研修
  • 学会・講演会
  • 実習受け入れ

33件中 1 - 10件を表示

前へ前へ    1234    次へ次へ

↓
  • [ 2019/07/16 ]学会・講演会など
    「医療薬学フォーラム2019にて口頭発表」
    医療薬学フォーラム2019にて発表しました。

    日時:2019年7月13日(土)~14日(日)
    場所:広島国際会議場
    演題:「薬局薬剤師・薬剤師会からみた西日本豪雨災害」
    演者:串田慎也
    所属:公益社団法人広島県薬剤師会
  • [ 2019/06/30 ]学会・講演会など
    「第45回 尾三医学会にて口頭発表」
    「第45回 尾三医学会にて口頭発表」 「第45回 尾三医学会にて口頭発表」
     
    第45回 尾三医学会にて発表しました。

    日時:2019年6月30日(日) 12:00~
    場所:三原市円一町4丁目1番21号 三原医師会館
    演題:「院外処方箋における疑義紹介簡素化プロトコールについて」
    演者:串田慎也
    所属:(一社)尾道薬剤師会
  • [ 2019/04/06 ]学会・講演会など
    「日本花粉学会 会誌に論文掲載」
    「日本花粉学会 会誌に論文掲載」 「日本花粉学会 会誌に論文掲載」
     
    「日本花粉学会 会誌に論文掲載」
    2019年 日本花粉学会誌3月号に、英文が掲載されました。

    【表題】初期療法および患者満足度におけるヒノキ科花粉飛散情報メール配信の効果
    Impact of e-mail-delivered Cupressaceae pollen dispersal data on prophylactic treatment and patient satisfaction

    【氏名】岡田啓司・豊田芳彦・石田制利・清水秀樹(以上アプコ株式会社)、宮野良隆(みやの耳鼻咽喉科)、河添仁(慶応大学薬学部医療薬学・社会連携センター医療薬学部門)、尾花英里香・柏木彩華・高取真吾・難波弘行(以上松山大学薬学部臨床薬学教育研究センター)

    【要約】スギ花粉症患者に対する初期療法が有効であるにも係わらず、十分な認知とは言えない。今回、2014年から継続配信しているヒノキ科花粉飛散情報メールによって、自己管理や花粉症への治療支援にどのように影響するかを調査した。
    結果、メール配信登録者の中で、初期療法行っている方の割合が非登録者よりも多く、また、メール配信利用者の満足度は、非登録者よりも優位に高かった。また、登録前よりも登録後の満足度が高かった。
    このことから、メール配信は、患者の飛散状況に対する意識を高め、初期療法を受ける動機つけや患者満足度の向上に寄与していると考えられた。

    【今後】
    この結果を踏まえ、初期療法を効果的に行う手段として、メール配信回数や内容など、更なるサービスの向上を行いたいと考える。
    患者さんには、スギ花粉シーズンをうまく過ごしていただければと思います。
  • [ 2019/01/31 ]学会・講演会など
    「製薬会社 社外勉強会 講師」
    製薬会社勉強会の、社外講師を務めました。

    【日時】2019年1月31日19:00~
    【場所】福山営業所 会議室
    【講師】岡田啓司
  • [ 2018/01/09 ]学会・講演会など
    「市民講演/平成30年中四国花粉研究会 幹事会・総会」
    平成30年中国四国花粉研究会 幹事会・総会
    市民公開講座

    2018年の広島県のスギ花粉飛散予測は、昨年に比べて並み(90~110%)、例年に比べてやや少ない(70~90%)、飛散開始日は2/10~2/15と発表されました(日本気象協会 第2報2017.12.7より)。

    よって、尾道での予想花粉飛散数は、約2000個と予想されます。

    【日時】2018年1月8日(月祝)
    【会場】(香川県)丸亀町レッツホール  東館4階カルチャールーム
    【演者・演題】
    1:平成30年中国四国地方のスギ・ヒノキ花粉飛散予想/一般財団法人日本気象協会 気象予報士 樋口宜寿先生
    2:鼻炎に使う薬について/香川大学医学部付属病院 薬剤部 田井達也先生
    3:(仮)免疫療法の現状と課題/大阪はびきの医療センター 耳鼻咽喉科 主任部長 川島佳代子先生

    【幹事】岡田啓司:会計監査役および広島県担当幹事
  • [ 2017/09/05 ]学会・講演会など
    「日本医薬品安全性学会 評議員」
    日本医薬品安全性学会において、評議員を任命され受諾しました。

    【評議員】岡田啓司
  • [ 2017/02/16 ]学会・講演会など
    「製薬会社 社外勉強会 講師」
    製薬会社勉強会の、社外講師を務めました。

    【日時】2017年2月16日18:30~
    【場所】福山営業所 会議室
    【講師】岡田啓司
  • [ 2017/02/11 ]学会・講演会など
    「日本災害医療薬剤師学会 第6回学術大会 演者」
    「日本災害医療薬剤師学会 第6回学術大会 演者」 「日本災害医療薬剤師学会 第6回学術大会 演者」
     
    日本災害医療薬剤師学会第6回学術大会に、シンポジストとして参加しました。


    【日時】2017年2月11日(土)
    【場所】岐阜薬科大学本部キャンパス
    【演題】モバイルファーマシーの運用について
    【シンポジスト】串田慎也
  • [ 2017/01/09 ]学会・講演会など
    「中国・四国空中花粉研究会誌に掲載」
    「中国・四国空中花粉研究会誌に掲載」 「中国・四国空中花粉研究会誌に掲載」
     
    中国・四国空中花粉研究会誌 第27号(2017.12)に掲載されました。

    (論文)
    「ヒノキ科花粉飛散情報に関するメール配信の有用性」
    岡田啓司、豊田芳彦、石田制利、清水秀樹、宮野良隆、難波弘行、山口巧
  • [ 2017/01/09 ]学会・講演会など
    「市民講演/平成29年中四国花粉研究会 幹事会・総会」
    平成29年中国四国花粉研究会 幹事会・総会
    市民公開講座

    2017年の広島県のスギ花粉飛散予測は、昨年および例年に比べてやや多い(110~150%)、飛散開始日は2/10~2/15と発表されました(日本気象協会 第2報2017.12.6より)。

    よって、尾道での予想花粉飛散数は、約2300個~3600個と予想されます。

    【日時】2017年1月9日(月祝)
    【会場】(香川県)サンポートホール高松 6F63会議室
    【演者・演題】
    1:平成29年のスギ・ヒノキ花粉の飛散予想について/一般財団法人日本気象協会 気象予報士 樋口宜寿先生
    2:スギ花粉症患者における初期療法のコストパフォーマンスと今後の課題~ヒノキ科花粉飛散状況を考慮して~/松山大学薬学部臨床薬学教育研究センター代表教授 難波弘行先生
    3:花粉症、鼻アレルギーの最近の話題/香川労災病院部長心得 牧原靖一郎先生

    【幹事】岡田啓司:会計監査役および広島県担当幹事

33件中 1 - 10件を表示

前へ前へ    1234    次へ次へ

電話でお問合せの方

0848-47-6293
(アプコ高須薬局・担当:豊田)

受付時間 月~金9:00~18:00/土9:00~13:00

WEBでお問合せの方
WEBでのお問合せはこちら

受付時間 24時間365日 (ご返答は翌営業日以降になります)

tablet

アプコ薬局グループ

グループ内勉強会

花粉情報お知らせメール始めました。

花粉飛散情報
過去のデータを見る
本日の予想
2019/11/14
シーズンオフ
前日の飛散数

0個/c㎡

アイコンの説明

(広島県尾道市のデータ・
薬局営業日に更新)

 
紫外線情報
過去のデータを見る
未計測
未計測
未計測

測定日:2019/11/15

アイコンの説明
 
(広島県尾道市のデータ・薬局営業日に更新)

求人・資料請求・お問合せ
求人情報、資料請求及びお問合せは、WEBにて承ります。

お問合せはインターネットから…

お問合せ送信フォーム

受付:月~金曜日|9:00~18:00
     土曜日|9:00~13:00

日・祝祭日の送信は、翌営業日の対応になります。